×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

傷んだ髪の見分け方

髪が傷んでいるかを見分ける方法は、ざっと分けて3種類あります。まず自分の髪を見てみることが大切で、傷んでしまった髪というのは目で見てもすぐにわかるものです。髪の毛先に枝毛が見つかったときは、それは髪が傷んでいるという証拠です。一旦枝毛ができてしまうと、それはトリートメントでも治すことは不可能で、もう切るしか方法がありません。次の痛んだ髪の見分け方は、髪を引っ張ってみることです。傷んだ髪は、切れやすいという性質を持っています。髪にダメージを与えやすいハードなストレートパーマやツイストパーマは、繰り返しかけることで髪を切れやすいものにしてしまいます。健康な髪は、指が滑って切れません。三つめに、髪を指でしごくという方法で、傷んだ髪を見つけてみましょう。指でしごくときに髪の根元から、滑らすようにゆっくりと引っ張り、急に手触りが悪くなったり、滑りが止まるとキューティクルが崩れている証拠です。これらの痛んだ髪の見分け方で、少しでも当てはまる要因があれば、髪が痛んでいるのでトリートメント剤を使って髪のトリートメントをしてあげましょう。自分で行うトリートメントで傷みがなくならないようならば、もっと専門的なトリートメントをしてもらうために、美容院に行ってみるといいでしょう。

髪の傷みの原因

髪の毛が傷んでしまう訳は、いくつかが考えられます。まずあげられるのが、シャンプー時に乱暴に洗ってしまうことです。髪には毛髪の内部を外側の刺激から守るため、毛髪の表面全体をおおっているキューティクルという部分がありますが、これは髪につやを持たせる働きをします。このキューティクルは、摩擦には弱いという性質があるため、シャンプーの時など乱暴に髪を扱うとはがれてしまい、つやを失うことになるのです。そして無理にブラッシングすることや、濡れたままの髪にブローをするのも髪が傷むことにつながります。激しいブラッシングの仕方も、やはりキューティクルをはがしてしまうことになるのです。タオルで水気をあまりきらないまま、ドライヤーなどをかけると水気を含んだ髪は、とても痛みやすく、キューティクルが剥がれ落ちやすいのです。後、冷暖房に当たりすぎも、キューティクルが剥がれ落ちます。髪が濡れたまま紫外線に当たることもよくありません。パーマやヘアカラーも髪にダメージを与えやすく栄養分を失いがちですので、できる限り間隔をあけるようにしましょう。髪の痛みの改善策としてトリートメント効果の入っているシャンプーや、コンディショナーを使用し、髪のケアを十分行うことが良い
と思います。また、自分の手だけでなく、美容院で定期的に専門的なトリートメントを行うようにすれば、さらに髪は守られるでしょう。

 

髪のトリートメント

トリートメントの正しい行い方は、まずはじめにきちんとシャンプーすることから始まります。シャンプーの泡が残らないようにしっかりすすぎます。シャンプー後、トリートメント剤を手のひらに広げますが、このときトリートメント剤の油分がはじかれないように、タオルで軽く水気を取ることがポイントです。表示されている容量は必ず守るようにして、内側からたたくような感じでトリートメント剤を髪につけます。トリートメントを髪につけたら、少し時間をおいた後、髪をこすらないよう、やさしくすすぎます。頭皮にトリートメント剤がつくと、毛穴がふさがって細菌が繁殖する、炎症が起きるなどの原因につながってしまうので、頭皮に直接つけるのはやめましょう。またそれは、きれいに洗った頭皮に油分を与えてしまうことで、洗った意味がなくなってしまいます。特別髪の傷みがひどいときの改善方法がありますが、それにはまずトリートメント剤を髪につけたなら、シャワーカップをかぷって10分くらいそのままでいます。こうすると髪の毛が温められてタンパク質の結合がゆるめられ、、それによりトリートメント剤が浸透しやすくなるのです。効果を実感するには、週に2度は行うようにするといいでしょう。以上のような方法でも髪が元に戻らないならば、思い切ってその髪は切ってしまいましょう。新しく伸びた髪を大切にしてあげましょう。




Copyright © 2008 トリートメントの正しい行い方



[Link] 転職サイト 女性 転職 現金化 ポッドキャスト インターネットラジオ ネットラジオ 転職 求人 ねずみ 駆除
[Link] 転職サイト 女性 転職 現金化 ポッドキャスト インターネットラジオ ネットラジオ 転職 求人 ねずみ 駆除